1. 社会保険労務士
  2. 行政書士
  3. 法定相続分:相続、福岡
  4. 遺言書:相続、福岡
  5. 遺言執行者:相続、福岡
  6. 遺産分割協議書:相続、福岡
  7. 死後事務委任契約:相続、福岡
  8. 相続税:遺産相続、福岡
  9. ご質問(Q&A):相続、福岡
行政書士:福岡

プライバシーポリシー:行政書士、福岡

免責事項:行政書士、福岡

法定相続分

  • [相続人の範囲]
  • 死亡した人の配偶者は常に相続人となります。
  • 配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

  • <第1順位>
  • (子が既に死亡しているときは、その子の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。)
  •         ↓:遺産分割協議書、福岡、相続
  • 配偶者と子供が相続人である場合の法定相続分は、
  • 配偶者1/2  子供(2人以上のときは全員で)1/2

  • <第2順位>
  • 直系尊属(父母や祖父母など)
  • 第1順位の人がいないとき相続人になります。
  •         ↓:遺産分割協議書、福岡、相続
  • 配偶者と直系尊属が相続人である場合の法定相続分は、
  • 配偶者2/3  直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3

  • <第3順位>
  • 兄弟姉妹
  • 兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
  • 第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。
  •         ↓:遺産分割協議書、福岡、相続
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合の法定相続分は、
  • 配偶者3/4  兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4
  • ・半血兄弟は全血兄弟の1/2の法定相続分です。

代襲相続とは

  • 本来、相続人になるはずだった者が死んだとき、その子孫が代わって相続人となる制度です。
  • 相続欠格、廃除などにより相続権を失った者もその子孫が代わって相続人となります。
  • ただし、兄弟姉妹はその子までです。
  • 相続額は本来の相続人と同じになり、代襲者が複数なら分けることになります。

PAGE TOP